スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンバー2席に亀井郵政相=菅内閣の閣僚席次(時事通信)

 菅内閣の閣僚応接室での席次が10日確定した。閣内ナンバー2の席とされる、菅直人首相の左隣は国民新党代表の亀井静香郵政・金融担当相。これに対し、右隣は岡田克也外相となった。亀井氏側は前原誠司国土交通相、千葉景子法相ら、岡田氏側には中井洽国家公安委員長、川端達夫文部科学相らがそれぞれ並んだ。 

<CO2>30年の排出量試算、1990年から約30%減(毎日新聞)
中1長女に暴行、父親の養護学校教諭を逮捕(産経新聞)
イランからの送り状押収=日本製含み5、6種以上か―風邪薬使用覚せい剤密造(時事通信)
世論調査 仕分け3奉行に期待感(産経新聞)
鳩山前首相を上海に派遣=政府(時事通信)
スポンサーサイト

<広島女児殺害>結審 7月28日判決(毎日新聞)

 広島市安芸区で05年11月、小学1年の木下あいりちゃん(当時7歳)を殺害したとして、殺人、強制わいせつ致死などの罪に問われたペルー国籍のホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告(38)に対する差し戻し控訴審は1日、広島高裁(竹田隆裁判長)で結審した。検察、弁護側双方が最終弁論をし、検察側は改めて死刑を求刑。弁護側は「犯行当時は責任能力がなかった」として殺人と強制わいせつ致死罪は無罪を主張した。判決は7月28日。

 最終弁論で、検察側は犯行の悪質性や遺族の処罰を望む感情の強さを強調し「殺害された被害者が1人でも極刑はやむを得ない」と述べた。弁護側は殺意やわいせつ目的を改めて否定し、差し戻す前の控訴審で証拠採用された被告の母国での性犯罪歴を証拠から排除するよう求めた。

 裁判を巡っては、広島高裁が08年12月、公判前整理手続きで犯行場所を特定しなかったのは違法として1審広島地裁の無期懲役とした判決(06年7月)を破棄して審理を差し戻した。しかし、被告が上告。最高裁は09年10月、1審の訴訟手続きを適法とし、再び審理を広島高裁に差し戻す異例の展開をたどった。

 今年4月から始まった差し戻し控訴審では、検察と弁護側の双方が従来通りの主張を展開。あいりちゃんの父建一さん(43)は「真実を明らかにしない被告に極刑を望む」と意見陳述した。弁護側は被告の精神鑑定を改めて求めたが、高裁は却下した。【中里顕】

【関連ニュース】
ポルノ:ネット上に掲載した男14人一斉逮捕 8都府県警
痴漢容疑:警視庁警部補を不起訴 容疑不十分で…千葉地検
児童買春容疑:中学教諭を逮捕 秋田
強盗強姦:裁判員裁判の1審判決、初の破棄 東京高裁
わいせつ:逮捕の警部補、捜査資料を悪用か 新潟

<風営法施行令>改正案公表 「類似ラブホテル」など規制へ(毎日新聞)
交際女性殴り、巡査長逮捕=自宅で口論、重傷負わせる―岩手県警(時事通信)
普天間問題、社民反発に首相「連立維持される」(産経新聞)
アユ密漁容疑で書類送検 「稚魚がおいしい…」(産経新聞)
郵政改革法案強行採決 議論なく“肥大化”まっしぐら(産経新聞)
プロフィール

さわぐちよしお

Author:さわぐちよしお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。