スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏「国民の皆さん、理解してくれていると」 13日夜のあいさつ全文 (産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は13日夜、名古屋市内のホテルで開かれた愛知県連パーティーに出席し、「私の政治団体のことで迷惑をかけている」とあいさつした。主な内容は以下の通り。

 司会者「われらが小沢幹事長がおいでになりました。小沢幹事長、入ります!小沢一郎幹事長より一言ごあいさつお願いします」(拍手)

 小沢氏「皆さん、新年あけましておめでとうございます。皆さんには新年にいろいろとご多忙中だったと思いますけども、本日は愛知県連主催の新年の集いに、本当に! いまだかつてないくらいの大勢のみなさん、ご参加いただきまして、盛大に開催できますことを、県連の主催者ともども、私からも改めて、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました」(拍手)

 「皆さまにはまず、昨年の夏の総選挙のお礼を申し上げなければなりません。この、愛知県連、日本列島の中心にある愛知県、15選挙区、15戦、全勝!(拍手) この皆さんの力の結果が政権交代をもたらしたことである、私はそれを確信いたしております。本当にありがとうございました」(拍手)

 「そして政権を国民の皆さんから委ねられて以来、3カ月ほどになるわけでございます。昨年末は鳩山内閣の、そして民主党内閣の初めての、予算編成が行われました。皆さまもご承知の通り、財政が大変厳しい中でございます。そして昨年度の公債発行限度額、44兆円をオーバーするような借金はやめよう、こういう政府の決定の下に、しかし、そういう前提に立つと、皆さんとの選挙中のお約束は、どのように実現していったらいいのか、そういうことで、私ども、本当に全国の皆さんのご意見を幹事長室で三千数百の要望をいただきました。借金をこれ以上しないで、そしてこの要望を少しでも多く実現していくために、こういうことで、幹事長室みんなが知恵を絞りまして皆さんの要望をまとめて政府に要請いたしたところでございます」

 「この予算は、私はそういう中にあって、非常に画期的な、私は予算だと思っております。まだ実際に執行されておりませんから、国民の皆さんが肌でもって感じるというわけにはいきませんけども、本当に子育て、あるいは医療介護、そういう問題につきまして、今までの官僚任せの内閣の、自公政権ではできなかった、その、皆さまとのお約束が予算に盛り込まれております」

 「これまた、マスコミもほとんど報道いたしませんけども、私たちは地方が本当に自立して安定して豊かに暮らせる社会を目指そうと、地域主権ということを申し上げて参りましたけども、そのために、役所のひも付きの補助金ではなくして、地方が自由に使えるお金を、創設しようじゃないかと、こういうことでですね、いわゆる今までやっていた交付税というものとはまったく別個に、2兆2000億円、自由に自治体が使えるための用意をしています」

 「また、今までの旧来の霞が関が作ったメニューに基づくお金ではない、地方が自由に使えるお金、この交付金を創設いたしました。私はそういう意味において、本当にこの予算が執行されればですね、あー、政権が本当に変わった、政権が変わったということはこういうことなんだということを国民の皆さんに理解していただけることと信じております」(拍手)

 「もちろん、まだとにかく、半世紀にもわたって自民党政権が続き、この10年間ぐらいの間に政治も行政も財政もむちゃくちゃにしてしまった、その後を引き継いでまだ3カ月しかたってないんですから。なんもかんも100%、実行するわけには、参らないことは事実であります。それは皆さんもご理解いただけると思います」(拍手)

 「しかしながら、着実に私たちは皆さんとの約束を実現しようと全力でやっております。どうか皆さん、これから新しい、国会がはじまるが、私ども、本当に皆さんのお約束を常に念頭において、そして国民の生活が第一という、われわれのモットー、理念を今後とも政治の上で行政の上で果たしていくように最大の努力をお誓いするものでございます。どうぞ皆さん、今後とも、どうぞよろしくご指導賜りますよう、お願いいたします」(拍手)

 「最後になりますけども、わたくしごとで若干、おわびをしたいと思います。昨年の春に、突然の、私ども予想もしなかった事態になって、私の政治団体のことで皆さんに大変ご迷惑をかけました。しかし、私どもは、決して! このような問題で、法に触れるようなことを致したつもりはありません。そのことは国民の皆さんも、私は本当に理解していることと思います」(拍手)

 「ですからこそ! 政権をわれわれに与えてくれたんじゃないでしょうか!(拍手と歓声があがる)私も、そういう意味で非常に、それはそれとして反省いたしまして、皆さんにご迷惑をかけないように静かにしていたつもりでしたが、またまたお騒がせして不徳の致すところで大変申し訳なく思ってる。私はひたすら、国民の皆さんのために政治はあるんだ、国民生活の第一の政治を実現するのがわれわれの務め、この信念を曲げずに、全力でがんばっていきたいと思いますので、どうぞよろしくご指導ご支援賜りますよう心からお願い申し上げます」(拍手と歓声があがる)   (了)

【関連記事】
鳩山首相「コメントする立場にない」 小沢氏側への捜索で
小沢氏「陸山会」を強制捜査 鹿島や個人事務所も
裏献金で土地購入 小沢氏「はぁ?」恫喝気味にはぐらかし
「紙袋の4億」「融資の4億」小沢氏はどう説明するのか?
“小沢資金”の謎、不要な融資 個人資産隠し?

<雑記帳>「聖地」で恋活パーティー 香川・宇多津町(毎日新聞)
職業能力大、廃止前提にせず=長妻厚労相が視察(時事通信)
外国人参政権「絶対反対」=永住するなら国籍取得を-石原都知事(時事通信)
「待ち伏せし暗証番号聞いた」=ATMの男が供述-千葉大生殺害放火(時事通信)
<大豆>理研などがゲノム解読 品種改良の効率化に期待(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さわぐちよしお

Author:さわぐちよしお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。